Diamond League

ダイヤモンドリーグ

 

 

 

ダイヤモンドリーグとは


  ジュニア・ジュニアユース年代の競技人口が約60万人にもなり、子どもたちの習い事ランキングでもサッカーは常に上位にランクイン、サッカーは日本におけ る一大人気スポーツとなりました。特にここ埼玉はJリーグチームが2チームもあることからサッカー人気は高く、数多くのサッカー少年・少女たちが日々切磋 琢磨をしています。私は育成年代の子どもたちには、広々とした良いグランドで、サッカーを思う存分楽しんでもらうことが何より重要だと思っています。しか しながら、実際の指導現場では、子どもたちが存分にサッカーを楽しめていないのではないか、と感じています。
 たいていのチームは小学校や中学校のグランドを利用していますが、サッカー人気とともにクラブチームや少年団が増えたことなどから、「グランドが確保で きない」といった声が聞こえてきます。また「育成」を謳ってはいるものの、実際には目先の勝利を優先し、試合にうまい子ばかりを出場させる「勝利至上主 義」もまだまだ横行しています。なかなか試合に出られず、公式戦ではベンチを暖め続けているなどという悲しい声も聞かれます。子どもたちには何よりもプ レーする時間が必要です。試合の機会が必要です。子どもたちの可能性は無限大。誰もが磨けば光る可能性のあるダイヤの原石なんです。
 そこでロク・フットボールクラブでは、そんなダイヤの原石たちに広々としたグランドで試合する機会を多く与えたいと思い、天然芝の田中電気グランドでの年間を通したリーグ戦方式の 大会「ダイヤモンドリーグ」を企画しました。コンセプトは「勝利」ではなく、あくまで「育成」です。そのことにご賛同いただける多くのチームにぜひご参加 いただけたらと思います。
 

ロク・フットボールクラブ 代表・監督 浅井 重夫

U-12カテゴリー実施要項

●目 的:

大会を通じて心身の健全な発達と技術の向上並びに友情を深めるとともに、

多くの子どもたちに試合出場の機会を創出すること。

●主 催:特定非営利活動法人 エルフ フロインデ スポルト クルブ/ロク・フットボールクラブ
●運 営:特定非営利活動法人 エルフ フロインデ スポルト クルブ/ロク・フットボールクラブ
●協 賛:田中電気 株式会社
●期 日:2017年4月〜2018年2月(予定)
●会 場:田中電気グランド 他
●資 格:

(1)2017年度日本サッカー協会第4種登録加盟したチーム、及びそれに準ずるチーム

(2)前(1)に所属する選手であり、日本サッカー協会発行の選手証を有する小学校6年生以下で、スポーツ安全傷害保険に加入済であること。

●参 加:12チーム

①浦和栄和スポーツ少年団

②浦和大久保サッカー少年団

③北浦和サッカースポーツ少年団

④浦和沼影サッカースポーツ少年団

⑤浦和三室サッカースポーツ少年団

⑥浦和中島サッカー少年団

⑦大宮早起きサッカースポーツ少年団

⑧大宮流星サッカースポーツ少年団

⑨GETスポーツスクール

⑩ソルプレッサ サッカースクール

⑪FC BOASORTE

ロク・フットボールクラブ

●方 法:

(1)参加全チームによる2回戦総当たりのリーグ戦方式とする。

(2)試合時間は40分(20分-5分-20分)とし、勝点(勝ち3点、引き分け1点、負け0点)により順位を決定する。

同勝点で並んだ場合は、得失点差→総得点→当該チーム間の直接対決での勝ち点→当該チーム間の直接対決での得失点差→当該チーム間の直接対決での総得点→代表者1名によるジャンケンの優先順位で決定する。

●審 判:主審1名とし、当該チームで前後半を交代で担当する。
●規 則:次の(1)〜(6)の他は日本サッカー協会競技規則2016/2017による。

(1)1チーム6名以上8名以下の競技者によって行い、競技者のうち1名はゴールキーパーとする。

(2)競技のフィールドは68m×50mを基準とし、ゴールは5m×2.15mとする。

(3)使用球は公認4号ボールとし、チーム持ち寄りとする。

(4)キックオフから直接得点することはできない。キックオフからのボールが直接相手ゴールに入った場合は、相手チームのゴールキックで再開する。

(5)各チームのメンバー登録は何名でも可とし、その範囲内であれば自由な交代を認める。

(6)登録されたユニフォームを着用する。ポイント取り替え式のスパイクは認めない。

●表 彰:

(1)年間勝点の合計1位〜3位チームにカップを授与する。

(2)各チームより選ばれた数名に「M.G.P.(Most Grown Player/最も成長した選手)」として楯を授与する。

●参加費:無料
●雨 天:中止
●その他:参加チームは事務局との調整の上、試合に臨むものとする。

U-13カテゴリー実施要項

●目 的:

大会を通じて心身の健全な発達と技術の向上並びに友情を深めるとともに、

多くの子どもたちに試合出場の機会を創出すること。

●主 催:特定非営利活動法人 エルフ フロインデ スポルト クルブ/ロク・フットボールクラブ
●運 営:特定非営利活動法人 エルフ フロインデ スポルト クルブ/ロク・フットボールクラブ
●協 賛:田中電気 株式会社
●期 日:2017年4月〜2018年2月(予定)
●会 場:田中電気グランド、大宮光陵高等学校、大宮武蔵野高等学校 他
●資 格:

(1)2017年度日本サッカー協会第3種登録加盟したチーム、及びそれに準ずるチーム

(2)前(1)に所属する選手であり、日本サッカー協会発行の選手証を有する中学1年生以下で、スポーツ安全傷害保険に加入済であること。

●参 加:7チーム

①蕨市立第一中学校

②さいたま市立土合中学校

③さいたま市立与野東中学校

④私立淑徳中学校

⑤GET東京ジュニアユース

⑥JFCヴェラジスタ

ロク・フットボールクラブ

●方 法:

(1)参加全チームによる2回戦総当たりのリーグ戦方式とする。

(2)試合時間は60分(30分-10分-30分)とし、勝点(勝ち3点、引き分け1点、負け0点)により順位を決定する。

同勝点で並んだ場合は、得失点差→総得点→当該チーム間の直接対決での勝ち点→当該チーム間の直接対決での得失点差→当該チーム間の直接対決での総得点→代表者1名によるジャンケンの優先順位で決定する。

●審 判:主審1名、副審2名とし、当該チームで担当する(副審は選手が担当することも可)。
●規 則:次の(1)(2)の他は日本サッカー協会競技規則2016/2017による。

(1)各チームのメンバー登録は何名でも可とし、その範囲内であれば自由な交代を認める。

(2)登録されたユニフォームを着用する。

●表 彰:

(1)年間勝点の合計1位チームにカップを授与する。

(2)各チームより選ばれた数名に「M.G.P.(Most Grown Player/最も成長した選手)」として楯を授与する。

●参加費:無料
●雨 天:中止
●その他:参加チームは事務局との調整の上、試合に臨むものとする。

U-14カテゴリー実施要項

●目 的:

大会を通じて心身の健全な発達と技術の向上並びに友情を深めるとともに、

多くの子どもたちに試合出場の機会を創出すること。

●主 催:特定非営利活動法人 エルフ フロインデ スポルト クルブ/ロク・フットボールクラブ
●運 営:特定非営利活動法人 エルフ フロインデ スポルト クルブ/ロク・フットボールクラブ
●協 賛:田中電気 株式会社
●期 日:2017年4月〜2018年2月(予定)
●会 場:田中電気グランド、大宮光陵高等学校、大宮武蔵野高等学校 他
●資 格:

(1)2017年度日本サッカー協会第3種登録加盟したチーム、及びそれに準ずるチーム

(2)前(1)に所属する選手であり、日本サッカー協会発行の選手証を有する中学2年生以下で、スポーツ安全傷害保険に加入済であること。

●参 加:7チーム

①蕨市立第一中学校

②さいたま市立土合中学校

③さいたま市立与野東中学校

④私立淑徳中学校

⑤バジェーナブランカ城北

⑥JFCヴェラジスタ

ロク・フットボールクラブ

●方 法:

(1)参加全チームによる2回戦総当たりのリーグ戦方式とする。

(2)試合時間は60分(30分-10分-30分)とし、勝点(勝ち3点、引き分け1点、負け0点)により順位を決定する。

同勝点で並んだ場合は、得失点差→総得点→当該チーム間の直接対決での勝ち点→当該チーム間の直接対決での得失点差→当該チーム間の直接対決での総得点→代表者1名によるジャンケンの優先順位で決定する。

●審 判:主審1名、副審2名とし、当該チームで担当する(副審は選手が担当することも可)。
●規 則:次の(1)(2)の他は日本サッカー協会競技規則2016/2017による。

(1)各チームのメンバー登録は何名でも可とし、その範囲内であれば自由な交代を認める。

(2)登録されたユニフォームを着用する。

●表 彰:

(1)年間勝点の合計1位チームにカップを授与する。

(2)各チームより選ばれた数名に「M.G.P.(Most Grown Player/最も成長した選手)」として楯を授与する。

●参加費:無料
●雨 天:中止
●その他:参加チームは事務局との調整の上、試合に臨むものとする。

サッカーダイジェストに記事掲載

浅井代表のインタビュー掲載

X